事務局長挨拶

  

 私たち、サポートセンターは「障害者と共に安心して暮らせる社会をめざします」という理念のもとに設立されました。
サポートセンターは視覚障害者が必要とする支援を行い、地域で生活していく支えとしての役割を担っています。
 支援と言っても、支援の在り方は様々です。日常生活全般に支援を必要とされている方、外出時に支援を必要としている方、悩みを 抱え、誰かに話を聞いて欲しい方、働きたい方と色々なニーズがあり、そのニーズは個人の状況に応じてさらに分かれていきます。 私たちは、障害を一括りにすることなく、個人の思いを尊重して必要とする支援をしていきたいと願っています。
 当初は、外出支援や家事支援などの在宅支援サービスを主としてきましたが、今では、「福祉有償運送」、「計画相談支援」、 「就労継続支援」と提供できる福祉サービスを拡大させてきました。
 今年度は新たに「居宅介護支援」を増やし、視覚に障害のある高齢者のニーズにもこたえていきたいと考えています。
また、私たちはサービスの提供のみを重視しているわけではありません。サービス提供事業所という面を持ちながら、当事者団体への 支援や視覚障害への理解に向けた啓発活動にも取り組んでいます。
 視覚障害者全体のニーズに応えながら、支援事業所やサポート体制を整備して個別のニーズに応えるサービス提供が私たちサポート センターの役割だと使命感を胸に活動を続けていきますので、皆様のあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。



三浦事務局長の写真
NPO法人福岡市視覚障害者サポートセンター

           事務局長 三浦 元浩じむきょくちょう みうら もとひろ


menu

所在地・連絡先

〒815-0037
福岡市南区玉川町13-28 鶴田ビル2階
TEL:092(559)0333
FAX:092(559)0334
NPO法人
 福岡市視覚障がい者
 サポートセンター

メールはこちらから
※詳しくはアクセスをご覧ください。